債務整理って何?

湖畔01

 

借金に苦しむ人は、様々な立場での問題を抱えています。このような人の借金問題を解決するために存在するのが債務整理という方法です。

 
債務すなわち借金を整理することで得られる最も大きなメリットは、取り立てなど返済に追われる毎日から抜け出せることです。

 
借金を重ね、返済が困難になるまで膨らんでしまった場合、諦めて自己破産という道を選んでしまう人も少なくありません。しかし、専門家に相談し、自己破産以外の方法を模索することで借金の減額や資産を残すことが出来る余地があります。

 
自己破産以外の方法の一つとして個人再生があります。多額の借金がある人が、収入に応じた返済可能額の3年間分の返済計画を立て、この再生計画を裁判所が認めれば、計画上の返済を開始します。そして3年後に計画通りに進んだ場合、残りの借金が免除されるという方法です。

 
他に、特定調停や任意整理という方法もあり、任意整理が最もメリットも多く、利用者も増えています。任意整理は裁判所を通さずに和解をすることで債務者の負担も軽く収まります。もし過払い金がある場合は改修も可能なので、長期間返済を続けてきた人は、一気に借金が軽くなる場合もあります。
借金の返済に困っている人は、何よりも専門家へ相談をし、このような解決への道を探ることが善策です。